スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台~松島~石巻~女川~改めて誓ったこと。

2012年05月08日 23:11

ちょうど1年前の5月、マーシー夫妻と一緒に津波被害に遭った岩沼市へ瓦礫の撤去に行きました。
その時の様子はこちらから↓

「やるぞっ!宮城県の2日間」

「忘れられない風景~宮城県」

1年経って、今の被災地はどうなっているのだろうか・・・ずっと気がかりでした。

連休を利用して向かった仙台。
音ちゃん&さっちゃんの案内で4日は車で被災地のその後を回って来ました。

さっちゃんの実家は津波で流され、さっちゃん自身も押し寄せる津波から命からがら助かったのですから、津波の被害に遭った場所へは行きたくないのでは・・・

そんな私たちの心配をよそに、一生懸命に案内をしてもらい有り難かったです。

松島。
昨年の9月に復興祭松島のコンサートに出演した時より、観光客も増えていました。
20120504-01松島


瑞巌寺の門前の賑わいも、一見して以前と変わらない様子。
美味しいずんだ団子を頂きました。
20120504-02松島


でも、この参道を津波が押し寄せ、伊達政宗公のお墓の直前まで来たそうです。
20120504-06.jpg


更に足を伸ばして、東松島市の野蒜駅へ。
ここは、あの日を境に電車が走ることは無くなったままです。
20120504-07野蒜駅


20120504-09.jpg


20120504-08野蒜駅


車は海岸線を走り、石巻へ向かいました。
荒れ狂う海に、あの日を思い出したのでしょうか、さっちゃんが無口になっていきます。
20120504-14.jpg


20120504-18.jpg


この辺りから被害を受けた建物が増えて行きます。
20120504-17.jpg



20120504-19.jpg


石巻へ着きました。

石巻市立大川小学校。
多くの児童が津波で亡くなりました。
胸がいっぱいになりました。
20120504-24.jpg


ここには沢山の方たちが生活を営み、
誰一人として3月11日に大津波に襲われるとは思っていなかったことでしょう。
20120504-25.jpg


一瞬にして荒涼とした土地になってしまった石巻。
そこには未だ絶えることなく献花が捧げられていました。

がんばろう!石巻。
東北人の根気強さと辛抱強さを垣間見た気がしました。
それでも、復興への足がかりはまだ先です・・・
20120504-27.jpg


あちらこちらで見かける鯉のぼり。
復興を願って、大空にたなびいていました。
20120504-28.jpg


女川へ向かう海岸道路。
前夜の豪雨と地盤沈下で、道路はまるで川のようでした。
20120504-30_20120508231813.jpg


コンビニも水の中。
20120504-32.jpg



女川。
奥が海です。
そこからの津波の高さは想像を絶していました。

20120504-33女川


横倒しの建物。
谷状の地形を襲った津波で、町はほとんど壊滅状態でした。
20120504-35横倒しの建物



高台にある女川町立病院の駐車場から望む風景。
この病院の1階部分まで津波が上がってきたその跡が柱に刻まれていました。
20120504-34.jpg


震災後、あしなが育英会の東日本大地震津波遺児募金を続けて来ました。
そして、今回被災地を回ったことで、この活動をもっと広めていきたいと改めて心に誓いました。
20120504-37.jpg


音ちゃん、さっちゃん。
被災したあなた達にとっては、もう見たくない景色だったと思います。

それでも、被災した者として伝えていかなけらばならないと言って、案内をしてくれて本当にありがとう!

これからも私たちが出来ることを続けて行くからね!

スポンサーサイト


コメント

  1. 蜩・BM | URL | OSRDny/Q

    被災地への想い

    見ると聞くとではこんなに違うのか!と

    ダンディ蜩3人も5月3日、4日と宮城・石巻・女川・松島・仙台と
    被災地の現状をこの目に焼き付けて参りました。

    何もお手伝い出来る事はないのですが、たーくさん飲んで、食べてお土産買ってきましたよ。

    連絡すれば松島あたりで会えたのですね~~~残念!

    行く先々でいい顔にもたくさん出会えてうれしかったです。

  2. 石ちゃん&Kazmin' | URL | -

    ニアミスでしたね~~!

    蜩・BMさん

    ほぼ同じ所を動いていたのですね!

    びっくりです。

    テレビでは伝わらない風、空気、匂い・・・現地に行かないと分かりませんね。

    観光地に人が戻って来ることが復興の手助けになるので、

    大いに飲んで、食べて、お土産を買って来たことでしょう(きっとたっぷり飲んだのよね)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazmindotcom.blog50.fc2.com/tb.php/1196-0f8cacd4
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。