スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただ懐かしいだけじゃ終わらないんだ!

2010年04月15日 16:10

2~3日前、2008年12月のウェスタンカーニバル クリスマス同窓会の再放送を見ていて、
出演の皆さんの若さに驚きました!

ミッキー.カーチス、九重ゆみ子、田辺靖雄 、平尾昌晃 、尾藤イサオ、弘田三枝子 ・・・往年のスターミュージシャンが顔を揃えて歌う!歌う!ノンストップで歌う!

私は日劇ウェスタンカーニバルが全盛を極めた頃は、まだほんの子供だったのですが何となく覚えているのね。


既に60代~70代なのに、その若さは凄い!
もちろん芸能人ですから、一般人よりはるかにお肌のお手入れや、日ごろのトレーニングなどをしっかりやっているでしょう。

だけど、内なる若さって言うのでしょうか。
声の張り、軽やかな身のこなし、迫力が違うんです。
まさに継続は力なり!!

九重ゆみこ


NIIGATAフォークジャンボリーの出演者は60年代~80年代のフォークソングを歌います。
それも誰もが一緒に口ずさめるような「王道フォーク」

それにこだわるのは、単に出演者が自分たちの歌いたい曲を演奏するコンサートでは終わらない為です。

今団塊の世代と呼ばれている方々を中心に、中高年は世の中のひずみのしわ寄せを一手に引き受けているように思います。

もちろん、中には成功を収め悠々自適のかたもいらっしゃる。

そのどちらであろうとも、同じ時代を生きた人達には共通の音楽があるのだと思います。
その中のひとつがフォークソングです。

NIIGATAフォークジャンボリーを始め、NFJminiのコンサートを通して感じること。
それは一つ一つの歌に反応し、笑い、泣き、微笑むお客様の顔です。

お帰りの時、出口で見送る私達に口々に「楽しかった」「懐かしかった」「ありがとう!」と声を掛けてくださるお客様に接してきた数年間。

開演前とは違う若々しい笑顔で帰って行く姿が見たくて続けているのだ!との思いが回を重ねる度に強くなります。

「家に帰ってからも、久しぶりに夫婦で楽しい会話が出来たよ!」
そんな言葉が私達にとって一番嬉しいのです。

ただのナツメロじゃないんだ。
100人いれば100人の思い出と共にあるのだと!

だからこそ大切に歌わなくてはね。
メロディーに歌詞を乗っけるだけじゃなく、心も乗せてうたわなくては!


4月16日(金)◆
金曜の夜はフォークでなじらね?~第6夜~焼酎の夕べ
新潟市西蒲区/フォーク酒場よしだ
巻潟東ICそば/ログらあめん よし田亭となり
OPEN 18:30~
LIVE ①19:30~/②21:00~
3000円飲み放題+おつまみ付
【出 演】
Kazmin'.com/マーシー野村 他

酒屋さん一押しの高級焼酎を楽しみながら、フォークソングをご一緒に!

ドライバーは飲めないのが辛いですね。







スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazmindotcom.blog50.fc2.com/tb.php/644-a92c39d2
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。