スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎の発行体inグランドキャニオン

2010年08月26日 16:10

今回のアメリカ旅行は、カリフォルニア州LA→アリゾナ州グランドキャニオン→ネバダ州ラスベガス→カリフォルニア州と約1700キロの旅でした。

それらの都市や場所を結ぶフリーウェイのほとんどは砂漠地帯を走っています。

インディアンが馬に乗って表れてもおかしくない西部劇の世界。

西部劇に出てくる景色



UFOが飛んでいたと言っても信じてしまうような広大な砂漠地帯。
UFOが飛びそうな景色


こんな景色が何時間も続きます。
そしてフリーウェイではガソリンスタンドの数が日本と比べ物にならない位少ないのです。

だからガソリンスタンドを見つけたら、給油とトイレと水分補給は欠かせません。
車にも沢山の水をアイスボックスに入れて移動しました。
ガソリンスタンド



そしてグランドキャニオンの森の中のロッジは、自然だらけ(当たり前です)。
Gキャニオンロッジ前で



本来は餌を与えてはいけない野生動物たち。
何時の間にか人間は危害を加えず餌をくれることを学習して寄ってきます。
人に慣れているリス



この写真は、ほぼ同じところを同じ時間に撮影しています。
実は撮影している時は、全く気づきませんでした。

先ずはこちら。
発光体は無い



そして少しだけ移動して撮影したのがこちら。
謎の発光体



真昼ですから、太陽ではありません。
飛行機が飛んでいたら気づくはず。

その前日から先ほどの砂漠地帯を走り続きてきた私にとっては、
この謎の発行体が、たとえ何であっても受け入れてしまいそうな出来事でした。



美しいグランドキャニオンの夕暮れ。
あまりに雄大な景色の前では、人は無口になるものですね。

それにしても、あの丸い光・・・・・何だったんだろう?


Gキャニオン茜色の雲
スポンサーサイト


コメント

  1. 蜩(ひぐらし)BM | URL | OSRDny/Q

    おぉー懐かしのグラキャン!

    もう28年も前になるでしょうか
    むさーい男たちだけで西海岸に高飛び?しました。
    コロラド川の川下りの時にかわす契約書には
    死んでも一切文句言いませ~んの一行

    グランドキャニオンの景色は今でも忘れません!
    世界一標高の高いケンタッキーを食べた記憶が?

    むさーい男たちだけで言ったディズニーランドも
    あっはは~わすれません!

    ともあれ、御無事で何より!!

  2. 石ちゃん&Kazmin | URL | -

    ただ今戻りました

    蜩さん

    昔何をしでかしてアメリカへ高跳びをしたのかは問いません(笑)

    コロラド川の川下り、やってみたかったです!

    従姉妹の家がディズニーランドの近くにあり、毎晩花火の音がしていましたよ。
    男同士のディズニーランド・・・・す・て・き!(^^;)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazmindotcom.blog50.fc2.com/tb.php/744-c69a7ed8
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。