スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の世代を歌った歌だと思っていたのに・・・・

2010年11月12日 18:04

とても好きな歌があります。

竹内まりやさんの「人生の扉」

歌詞の中に私と同世代の竹内まりやさんの心情がちりばめられていて、
何度聞いてもグッときてしまいます。

ライブで歌いたいと、何日も聞き続け歌い続けていくうちに、
ふと母のことを思って歌っている自分に気がつきました。

その時から、歌うほどに泣けて泣けて声が詰まってしまい、歌えなくなりました。

若いときから山あり谷ありの人生を乗り越えて86歳になった母。
残りの母の人生を、どうやったら実りあるものにできるだろうか・・・

毎日一緒にいて、ちゃんと親孝行しているのかな?
同じ話を何度も聞かされて、つい面倒でいい加減な受け答えをしている自分。

戦争中であっても、母にも青春があり、挫折があり、喜びがあり、悲しみがあって。
戦後の苦労も沢山してきた母。

そして「今が一番幸せだね」と言ってくれる母。

その幸せが少しでも長く続くよう、頑張ろう!

ひとつの歌が、別の形で私に何かを教えてくれたような気がします。

「人生の扉」一度聞いてみてください。
年齢に関係なく、胸に迫るものがあります。

歌詞はこちらから「人生の扉」

スポンサーサイト


コメント

  1. 花鳥風月 | URL | -

    響きます

    お久しぶりです(^^)
    いつ聴いても、涙がこみ上げてきます。
    あや子さんは、幸せです。いつも、ひとりじゃないから。
    花鳥風月も見習って、母に少しの時間ですがあいに行こうと思います。

  2. 石ちゃん&Kazmin' | URL | -

    お久しぶりです

    花鳥風月さん

    お母様に会いにいってさしあげてください。

    いつまでも親は元気な気がしますが、私も父を亡くしてからは母との時間を大切にしたいと思うようになりました。

    親っていつまでも親ですよね。未だに私の体を心配する母を見るとそう思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazmindotcom.blog50.fc2.com/tb.php/798-0bf378c2
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。